メールソフトの設定について

本ページでは、当サービスが提供するPOPメールアカウントを利用するためのメールソフトの設定のポイントを掲載しています。
なお、メールソフトによっては、項目名称が下記とは違う表現になっている場合があります。
例えば、「POP3ユーザーID」が「ユーザー名」や「アカウント名」となっていたりすることがあります。

「POP3サーバ名」「SMTPサーバ名」の設定

POP3サーバ名及びSMTPサーバ名は共に
mail.メールドメイン名
としてください。
例:mail.example.com

「POP3ユーザーID」の設定

POP3ユーザーIDには、ご利用のメールアドレスをそのまま設定してください。
例えば、メールアドレスがこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 であれば、ユーザーIDもこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 になります。

「POP3パスワード」の設定

POP3パスワードについて、設定されているパスワードを設定してください。

メール送信に関する設定について

メール送信については、「SMTP AUTHによる認証にもとづく587番ポート(サブミッションポート)での送信」のための設定を行ってください。
メールソフトの設定においては、典型的には以下の2点の変更が必要となります。
・SMTPサーバの認証を有効にする(例:「このサーバは認証が必要」にチェックを入れる)
・SMTPのポート番号を25番から587番に変更する